夏休みラジオ体操に参加して

0

     

    今年の8月で私はスポーツ推進委員になって丸5年になる。なかなか私自身、スポーツ推進委員の活動が身についていない。研修会、地域のスポーツ交流会、行政とのイベントの開催、企画、手伝い等々。

    その中で夏休みラジオ体操は一番苦手な種目である。今年で4年目になり、初めの12年は参加者といっしょに後方で行っていたが、昨年からは前に出て体操のお兄さんみたいに見本を示し、動作も正確に、大きく、元気よく行わなくてはならない。私は夏休みラジオ体操が始まる1ヵ月前からパソコンで動作を確認しているが、歳のため、運動神経が悪いため、なかなか覚えられない。今年は、昨年一度経験しているから大丈夫だろうと、たかをくくっていたら、案の定ほとんど忘れていた。同じ失敗の繰り返しである。

    ラジオ体操は第一、第二とも13種類の運動がある。第一は小学校の頃からよく行っていたので簡単にできると思っていたが、第二と同様にむずかしい。前に立つ指導員は参加者と反対の動作で少し早めに動き出す。また、全部同じ方向(右か左)から始まると思っていたが、モノにより逆の動作もある。ラジオは音声だけで画面はない。指導員はある程度次の動作をわかっていないと見本を見せるのが遅くなる。ラジオ体操が始まる23日前は四苦八苦している。

    初日、早起きしてお父さん、お母さんの手に引かれて眠そうに来る子供たちもラジオからの音を聞いて、元気に手、足を動かすのは楽しみである。私の顔は本当の笑顔ではなく、引きつった顔で動作も固く、参加者のみなさんの笑顔には程遠い。みなさん、始まりの動きが右、左間違えても寛大な心で受け止めてください。今年も11日間、がんばります。


    新宿区Xよしもと ワクワク スポーツ体験プロジェクト 体操教室

    0

      729日(日)に新宿コズミックセンター2階大体育館で開催された、「新宿区 × よしもと ワクワク スポーツ体験プロジェクト 体操教室」に参加してきました。

      私自身、この日の午前中には他の予定がなく、体をできるだけ動かしたい、どうしたら元気でいられるかという一般参加者の感覚を学ぼうと思い、初めて新宿区と吉本興業がタックを組んだスポーツ体験プロジェクトの「新宿区 ×よしもと ワクワク スポーツ体験プロジェクト 体操教室」に参加しました。

      午前11時から始まる「成人向け健康のための体操」の30分前に受付に行ったら、大体育館の中は10名近い方がマットの上に座っていて、スタッフ・お手伝いの方に笑顔で迎えられ、リラックスムードでしたが、参加者は個人でいらした方が多く、少し緊張していました。行政の方も参加し、スタート時間には総勢30名近くになっていました。

      司会はよしもとのお笑い芸人さん。最初の自己紹介の言葉で参加者に少しずつ笑顔と笑い声が出てきて、メインの田中先生、サブの新島先生、一緒に体験する若手の芸人さん4名が登場するとより賑やかになりました。

      芸人さんは笑わし方が上手です。参加者の前に笑顔で立ち、ボケとツッコミを織り交ぜながら進めて行く。ラジオ体操時の私は顔がこわ張り、眼は行き場を失い、体はより硬くなり、動作は遅くなる。参加の理由はこれを体験したかったからです。もう一つは60歳を過ぎた体を少しでもやわらかくし、健康でケガをしない状態を維持したいということを区民の方々も望んでいるからです。

      田中先生の指導で実技が始まると、最初は簡単な体操から始まり、徐々に複雑な動きとなって行き、そのなかで毎日、少しずつ体を動かし、関節、ひざ、腰などを何回も正しい動作で行うことにより、可動範囲を拡げられるようになる。大事なことは意識して動作を行うこと。手のグー、チョキ、パー、足の開く、閉じるにしても動作と意識を一致させる。速さ、流れ、動作にまかせるのではなく、ゆっくりでいいから頭で意識して行う。それによりだんだんスピードが出てくる。ただし、同じ動作でも逆にするとまったく上手くいかない。楽しいトークと基本に正しい運動を行い、途中、先生方のバク転のすばらしい演技をみせて頂く等、あっという間の2時間でした。女性、中高年、高齢者の方も多くいらっしゃいましたが、最後はみなさん、楽しく体を動かし、いい汗をかいたと思います。また、こういう機会をぜひ作っていただきたいと思います。

      次は、スポーツ推進委員としてではなく、一市民として楽しく参加したいと思いました。

      追伸 田中先生は10月に行われる体操の世界選手権の女子日本代表の監督になりました。


      平成30年度第1ブロック研修会に参加しました

      0

        地域におけるスポーツ推進委員活動の諸問題解決の方策を探る事を目的とする研修とし、スポーツ推進委員及びスポーツ主管課職員相互の資質向上を図ると共に広域的な連帯協調を図り、必要な地域スポーツ振興の在り方を考える機会とする事を趣旨とした、平成30年度東京都スポーツ推進委員研修会「広域地区別研修会(第1ブロック)」が7月7日(土)に中央区立総合スポーツセンターで開催されました。
        新宿区からは生涯学習スポーツ課の3名と、スポーツ推進委員26名が参加し研鑚を深めました。

        今回の研修のテーマは「地域のスポーツ活動とスポーツ推進委員の役割」と題しサブテーマの「キンボールスポーツを活用した地域スポーツ活動の推進」について基調講演と実技研修を通して、地域に根差したスポーツ活動を推進する方法を研鑚しました。
        当日は日本キンボールスポーツ連盟理事長の今泉良正氏の講演によりキンボールの歴史とコンセプト等を学び、未来へ向けた地域スポーツ活動の在り方を考えさせられました。
        また実技研修を行い、みんなで楽しくキンボールを行うための方法を学びました。


        H30年度関東スポーツ推進委員研究大会東京大会に参加しました。

        0

          スポーツが未来を変える「〜一億総スポーツ社会の実現に向けたスポーツ推進委員の役割〜」と題した平成30年度関東スポーツ推進委員研究大会の東京大会が平成30年6月8日・9日の2日間に墨田区総合体育館メインアリーナを中心として3会場にて開催されました。

          この研究会は関東各県スポーツ推進委員が一堂に集まり、当面する生涯スポーツの諸問題について研究協議し、スポーツ推進委員の資質向上と相互の情報交換を図り地域スポーツ発展に寄与する事を趣旨として開催される研究大会です。

          第1日目の6月8日には全体会が墨田区総合体育館メインアリーナにおいて開催され、新宿区スポーツ推進委員協議会からも、1日目の全体会には18名(行政2名)が参加しました。

          関東スポーツ推進委員協議会功労者表彰において、新宿区スポーツ推進委員協議会副会長の青木しおりさんが表彰されました。

          また、続けて行われた「スポーツ参画人口の拡大に向けて」〜スポーツ推進委員への期待〜と題したシンポジウムでスポーツ嫌いの心理への対応、アクティブライフの推奨、共生社会へのあプローチについて、各分野の専門家がそれぞれの立場から提言や意見交換を行い、一億総スポーツ社会に向けたスポーツ推進委員の役割について考え、分科会の研究協議を深める事に繋げるシンポジウムに参加して翌日に開催する3つの分科会に備え、研鑚を深めました。
          2日目には3つの会場に分かれた分科会にも参加し、それぞれの課題別の研究テーマについて事例を交えながら考えた研修を行いました。


          榎地区でのボッチャ体験

          0

            こんにちは、
            みなさん"ボッチャ"と言うスポーツ知ってますか?

            そうなんです!2020年東京オリンピック・パラリンピックの正式種目なんです。ここ新宿区でも数年前から区内の色々な場所で普及活動をしています。

            今回は榎地区の育成会の研修ということで、榎町地域センターにてスポーツ推進委員がボッチャ体験を開催させて頂きました。

             

            まずはスポーツ推進委員の紹介とご挨拶

             

            そしてボッチャとルールの説明。実はイタリア生まれで、子供からお年寄りまで楽しめる素晴らしいスポーツなんです。

             

            実際にボールに触れてみるとみなさん「けっこう重い」との感想。投げてみてもなかなかうまく行きません。

             

            立って投げてみても難しいのに、実は車椅子で行うスポーツなのです。

             

            1時間の体験のなかでも、後半はみなさんだいぶ上達し接近戦が多くなります。チームで作戦や戦略的も考えるようになり、スポーツ推進委員渡辺さんの説明にもだいぶ熱が入ってきました。

             

            最後はこんな珍しい場面も...

             

            榎町育成会の方々お疲れ様でした!

            我々の地域でも体験してみたいという方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡お待ちしております。



            記事を検索

            カレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            エントリーされた記事

            カテゴリー

            archives

            リンク

            profile

            others

            モバイル・スマホ用アドレス

            qrcode

            ホームページ