若松地区コミュニティ大会

0

    1028日(日)、若松地区のコミュニティスポーツ大会の日は晴れであった。845分集合であったが、5分ほど前に到着すると余丁町小学校の通用門は空けられており、大会実行委員よりも早く選手のみなさんが会場に入っていた。若松地区の輪投げは有名である。ただし、輪投げ競技は午後の部、体育館で午後1時開始を予定している。なぜ、こんなに選手のみなさんが来るのだろう。それは前庭に良い場所を取り、午前中から練習を始めるのである。

    この日の天気が晴天であたたかいことは非常に重要である。体育館で大会実行委員長の指示でスタッフ全員、午前中の役割を確認し、動き始める。体育館の中にあるマットなどを倉庫に入れ、安全な環境を整える。スポーツ推進委員は午前の種目であるユニカール、ボッチャの準備を手分けして進める。ボッチャは初めてであるが、他地区のスポーツ推進委員の方の助けもあり、非常に大きな立派なコートが出来上がる。午前の開会式は大会会長の司会で始まり、競技がスタートする。

    私は2レーン作ったユニカールの審判を行う。今回は時間の都合のため、8チームのトーナメント戦で1試合4回戦までとした。私のレーンでは4試合が行われ、空いた時間に敗者同士の試合を行った。

    ユニカールは非常におもしろいスポーツであるが、高齢者、女性にはストーンが重く、円の中心まで届かない。もう少し工夫していかないと今後、普及はかなり厳しいのではと感じた。

    隣で行っていたボッチャは今回、初めてコミスポに取り入れた競技で参加チームは5チーム、総当たり戦で行った。ただし、これも2回戦までとゲーム内容は少し短かったと思う。隣で行っているボッチャの歓声が審判をしている私の耳にも響いた。

    午前の表彰式も無事に終わり、昼食前に輪投げの準備に取りかかる。4mのラインテープ、輪投げ台の設置を輪投げ実行委員といっしょにスポーツ推進委員がきびきびと働いていた。昼食後は若松地区の一大イベント輪投げ大会の始まりである。台の数は10台、総勢230名を超える方が参加し、体育館の中は熱気ムンムンである。

    審判を行うスポーツ推進委員、育成委員の方も緊張する。若松地区は同じ台で3回(1回の9投)投げ、合計点を競う。個人、チーム(31組)、町会と3種目で優勝を競い、順位を付ける。体育館での試合前の練習はなし。そのために選手のみなさんは朝の9時前から前庭で練習を行っていたのです。

    午後の開会式を1時少し前に終え、輪投げスタート。各台から歓声があがり、みなさん、真剣に9本の輪を的に狙って投げ始める。競技時間は90分ほどかかり、午後230分前に終了する。採点に時間がかかるため、ハワイアンダンスなどで参加者を引き留める。ただし、結果が残念な人たちは閉会式まえに帰宅する方も多い。閉会式は3時前に行われ、個人賞は116点を獲得した戸山ハイツ東地区の女性の方、チーム戦、町会対抗も戸山ハイツ東地区でした。

    おもしろい賞は個人戦のブービー賞で今回は4名同点の方がいらっしゃいましたが帰っていった方が多く、残っていた1名の方が賞品をゲットしました。お米が賞品としてもらえます。朝から長い1日でありましたが、ケガ人も出ず、無事に終了しました。他地区から応援にいらしていただいたスポーツ推進委員のみなさま、ありがとうございました。


    10月28日大久保地区コミスポ

    0

      10月28日に大久保小学校で開催された「大久保地区コミュニティースポーツ大会」に各地区のスポーツ推進委員が会場設営や審判として運営のお手伝いをしました。

      大久保コミスポ準備体操1大久保コミスポ準備体操2

       

      大久保地区では人工芝の校庭で輪投げとボッチャ体験を行い、体育館でビーチボールバレーとユニカールの審判を行いました。 また、校庭のストラックアウトやパン食い競争にも参加させていただき楽しい一日を過ごしました。

      大久保コミスポ輪投げ大久保コミスポユニカール大久保コミスポバレー大久保コミスポパン食い大久保コミスポボッチャ


      10/14(日)四谷地区コミュニティスポーツ大会

      0

         10月14日(日)四谷中学校で四谷地区コミュニティスポーツ大会が開催された。朝降っていた雨も開会式の時間にはすっかり上がってスポーツ日和の日曜日になった。地区担当スポーツ推進委員4名とOB1名の指示の元、他地区からの協力スポーツ推進委員8名が輪投げ、ユニカール(小学生の部も)、ビーチボールバレー、ボッチャの競技進行を行った。12月に開催される中央大会さながらの白熱した試合が繰り広げられる一方で、競技参加者が準備や片付けに積極的に協力する姿が見られてスタッフと参加者が一体となった素晴らしい大会だった。中央大会での活躍を祈ります。


        ボッチャ体験会in津久戸幼稚園

        0

          9月27日に津久戸幼稚園でボッチャ体験会に参加しました。

          当日に体験をした子供達や親御さん達はボッチャを経験した子供たちが少なく、初めて体験するボッチャという競技に楽しさを感じているような笑顔と歓声が会場内に響き渡っていました。

          最初は親子で輪になって準備体操を行い、次に向かい合ってボールを投げ合いボールのコントロールを覚えた後、

          スポーツ推進委員がそれぞれの班に分かれて審判や指導を行い、円の中心に置いた新聞紙に円の外からボールを投げ入れるゲームを行った時には、親御さんや子供達も夢中になって、真剣に親対子供の対決で戦い、勝った負けたと一喜一憂しながら楽しい時間を過ごしました。


          愛日こども園で『親子deボッチャ遊び」

          0

              9月22日(土)に愛日子ども園で「親子deでボッチャ遊び」が開催されました。スポーツ推進委員6名、新宿区、新宿未来創造財団と一緒に参加しましたので報告します。

             9時15分から年長組(ばら組、ひまわり組)約30名と保護者の方30名強が参加し、約1時間ボッチャを楽しみました。

            年長組は昨年参加した経験があるので、「ボッチャ」はイタリア語で「ボール」のことだと知っていました。個人的には、白いボールを英語でジャックボールと呼ぶかはなぜ、と思います。グローバルに広めようと考えてのことだったのでしょうか。・・・

             6つのグループに分かれてボールに慣れるため、子どもと保護者でキャッチボールのようにボールを転がす練習をしました。その後、4メートルのサークルの外から赤と青のボールを新聞紙の上に乗せる練習をしました。新聞紙は、次第に小さくたたんでいき、だんだんと乗せるのが難しくなります。最後は子どもたちと保護者でどちらが白いジャックボールに近づくかを競争しました。保護者の方も真剣になり、手加減することなくゲームを楽しんでいました。

             10時30分からは年少組(ちゅりっぷ組、たんぽぽ組)約30名と保護者の方30名強が参加して、同じように約1時間ボッチャを楽しみました。年少組のお子さん達には、まずは楽しくボッチャと触れてもらえるように、少し自由にボールを投げる体験をしてもらいました。

            約2時間の体験でしたが、保護者の方や園の先生方のご苦労がわかりました。ボッチャの基本は笑顔で過ごすことと考えてお手伝いさせていただきました。

             スポーツの秋が来ました!10月8日(祝月)新宿スポレク2018が新宿スポーツセンターで開催され、ボッチャの体験もできます。また、各地域ではコミスポ地区大会が開催され、ボッチャの体験会が開催されますので、チョット覗いてみてください。

            当日の風景です。

                    元気に朝の挨拶

                 ボッチャの説明



            記事を検索

            カレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            エントリーされた記事

            カテゴリー

            archives

            リンク

            profile

            others

            モバイル・スマホ用アドレス

            qrcode

            ホームページ