夏休みラジオ体操に参加して

0

     

    今年の8月で私はスポーツ推進委員になって丸5年になる。なかなか私自身、スポーツ推進委員の活動が身についていない。研修会、地域のスポーツ交流会、行政とのイベントの開催、企画、手伝い等々。

    その中で夏休みラジオ体操は一番苦手な種目である。今年で4年目になり、初めの12年は参加者といっしょに後方で行っていたが、昨年からは前に出て体操のお兄さんみたいに見本を示し、動作も正確に、大きく、元気よく行わなくてはならない。私は夏休みラジオ体操が始まる1ヵ月前からパソコンで動作を確認しているが、歳のため、運動神経が悪いため、なかなか覚えられない。今年は、昨年一度経験しているから大丈夫だろうと、たかをくくっていたら、案の定ほとんど忘れていた。同じ失敗の繰り返しである。

    ラジオ体操は第一、第二とも13種類の運動がある。第一は小学校の頃からよく行っていたので簡単にできると思っていたが、第二と同様にむずかしい。前に立つ指導員は参加者と反対の動作で少し早めに動き出す。また、全部同じ方向(右か左)から始まると思っていたが、モノにより逆の動作もある。ラジオは音声だけで画面はない。指導員はある程度次の動作をわかっていないと見本を見せるのが遅くなる。ラジオ体操が始まる23日前は四苦八苦している。

    初日、早起きしてお父さん、お母さんの手に引かれて眠そうに来る子供たちもラジオからの音を聞いて、元気に手、足を動かすのは楽しみである。私の顔は本当の笑顔ではなく、引きつった顔で動作も固く、参加者のみなさんの笑顔には程遠い。みなさん、始まりの動きが右、左間違えても寛大な心で受け止めてください。今年も11日間、がんばります。


    コメント
    コメントする








       

    記事を検索

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    エントリーされた記事

    カテゴリー

    archives

    リンク

    profile

    others

    モバイル・スマホ用アドレス

    qrcode

    ホームページ