10/20(日)若松地区コミスポ

0

    2019年10月20日日曜日、10時から15時で新宿区コミュニティスポーツ若松地区大会が開催されました。これで3地区目、まだまだ序盤のほうの開催ですね。本日若松地区大会は午前中、ボッチャとユニカール、午後から輪投げで、ビーチボールバレーは今年も参加応募者がなく非開催でした。

    とはいえ、午前中のユニカールに7チーム、今年から開催のボッチャには15チームとコミュニティスポーツの浸透度は高く、ボッチャに関しては3ブロックに分けての各ブロックのトーナメント、1位チームのリーグ戦という参加チームが多いゆえのちょっと少ない試合数で行うこととなりましたが、参加者の競技への熱意はよく伝わってまいりました。

    ユニカールは2ブロックの4エンド、かなりの熱戦のため試合時間は大幅に伸びてしまい、閉会式が遅れたことは申し訳なかったですが参加者のレベルは高く、勝利チームにはかなりの満足度もあったかと思われます。

    午後の輪投げは若松地区の他地区を寄せ付けない参加チームと熱意。10個の輪投げを用意して、そこに平均7チームで3人が3回ですからいやーそこいらじゅうで歓声上がりまくりでしたね。

    最後に2年目の自分が会長含むベテラン推進委員のちょっといいなと思ったところ。

    下記写真の体操ですが、新宿いきいき体操を朝と昼の初めにやるのはいつもかっこよいことだと思っておりますが、まぁよくある風景。今回すごいなと思ったのは午後の閉会式前の集計時間でどうしてもできる時間を30分くらい整理体操で埋めたところ。曲なしのストレッチからはじめて、音楽に合わせて2曲金子会長が実演し、別にラジオ体操的な解説が入るわけではないので、隣で解説する桑島さんととても息の合った体操で午後参加者の表彰まで間を持たせていました。プログラムに記載はないので即興で対応いただいたのでしょうか?マネできるといいなと思った一コマでした。


    10/6(日)戸塚地区コミュニティスポーツ大会

    0

      10月6日日曜日戸塚第二小学校において、2019年度新宿区コミュニティスポーツ地区大会が始まりました。四谷地区と戸塚地区から始まって全10地区が終了するのは11/17という日程です。

      さて、戸塚地区は前年度までは午前中のみで日程終了だったものが、ボッチャの正式開催もありで今年度からは午前午後の二部制、参加者は倍増とはいきませんが昨年度を大きく上回っての開催となりました。

      午前の部は、併設の幼稚園で輪投げ、体育館でビーチボールバレーという構成でした。下写真開会式を始めたところで雨天となり、すぐさま競技移行。ややあわただしい感じはありましたが、午前の部無事終了でした。

      午後の部は、体育館でボッチャとユニカール。各8チームと4チームという参加で行いました。ちなみに写真は午前でできなった新宿いきいき体操もできて、開会式の挨拶も落ち着いてできたりと早速二部制の強みを発揮しましたでしょうか。

      特筆すべきこととして、ボッチャの正式開催にあわせてパラリンピック、ボッチャコーチのM先生が特別講義をしてくれました。V字のすぐ手前で展開される押したりあてたり重ねたりするレベルの高い技術と作戦の教えに、参加者全員がその奥深さを堪能しました。中々スタートからちょっと深みを増した感のあるコミュニティスポーツ地区大会、もちろん賞品のミカン箱とお菓子、参加賞のカレーの野菜など、生活に寄り添う感覚は変わらずで、楽しい時間をありがとうございました。


      2019年度四谷地区コミスポ

      0

        10月6日(日)四谷地区のコミニュティースポーツ大会が四谷中学を会場として行われました。当日は生憎の雨模様でしたがスポーツ推進委員他実行委員会のメンバー34名は8時半に集合し各種目の準備に追われました。

        四谷コミスポ1

         

        10時に行われた開会式では参加者全員が新宿いきいき体操で準備体操を行い、その後ビーチボールバレーは体育館で輪投げはコミュニティールームで競技が開始されました。今回の大会参加者は延べ185名(輪投げ21チーム、ビーチボールバレー8チーム、ボッチャ3チーム、ユニカール17チーム)でしたが、全競技を通して大きな事故もなく選手・審判が和気あいあいの雰囲気の中、午後には体育館でユニカールとボッチャの競技も行われました。

        四谷コミスポ2

         

        四谷コミスポ3

        四谷コミスポ4

        四谷コミスポ5

         

        競技終了後、各種目上位3チームには賞状と副賞が贈られました。副賞には秋の味覚であるリンゴ1箱やお米3Kg、また輪投げの最高得点者にはワイン1本が贈呈され受賞者の顔がほころびました。

        四谷コミスポ6

        各種目の上位入賞チームは12月8日(日)に行われる中央大会に出場しますが、四谷地区代表として楽しく思い出に残る大会にしていただきたいと思います。


        9/22(日)戸塚地域センターまつり

        0

          9月22日日曜日戸塚地域センターにて行われた第10回戸塚地域センターまつりにスポーツ推進員7名で参加しました。創立10周年ということもあり10時の開始以降引きも切らずに千客万来、ちなみにスポーツ推進委員は地下のボッチャ体験と体力測定コーナーを担当しました。どちらかというとシニア向け体力測定でしたが、老若男女皆さん楽しそうにチャレンジして表と見比べて体力年齢を確認したり、血流の年齢に一喜一憂などされていました。最後にボッチャで楽しんで、友人家族でたっぷり楽しんでお帰りいただきました。ご来場まことにありがとうございました!


          令和元年度 実務研修会〜スポーツ推進委員に期待されるリーダーシップ〜

          0

            9月21日土曜日若松地域センターにおいて、講師東京都スポーツ推進委員協議会顧問 阿部正幸氏による、令和元年度 実務研修会〜スポーツ推進委員に期待されるリーダーシップ〜が開催されました。会場≒80人ほどの参加にて大変盛況でした。

            内容は2部構成。

            長年東京都スポーツ推進委員協議会の会長を務められた阿部顧問より、スポーツ推進委員制度の変遷と、その変遷の中で本人がどう考えどう行動してきたかの報告と、実体験を通じたあるべきスポーツ推進委員の在り方提言が第1部。第2部はより具体的に30年前箪笥地区で始まった自身の深くかかわったイベントの現在までの進化を通じた地域事業の展開の要点の解説でした。

            全編を通じて阿部氏のスポーツ推進委員への熱い思いが伝わり大変元気がでました。特に印象に残ったのは、イベントを中学生主体に任せようと提言した時の反対を押し切ったところ。失敗すれば大人が責任を取ればいいことで、主体的にまずやらせることが重要。できないこととできることを彼らに判断させようという教育的な視線は実に素晴らしいと思いました。

            ちなみに新宿区スポーツ推進委員は旧知の方がほとんどで、金子会長から休憩時間中に阿部顧問へチョコレートの差し入れなどほほえましいシーンもありまして、いい感じの研修会だったのではないでしょうか。



            記事を検索

            カレンダー

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>

            エントリーされた記事

            カテゴリー

            archives

            リンク

            profile

            others

            モバイル・スマホ用アドレス

            qrcode

            ホームページ